記念誌 of Prinart

Prinartが考える記念誌とは

企画や製品の高品質はもとより、その制作プロセスにおいて「担当者様の負担を減らすお手伝い」この事を重視しております。なるべく担当者様に負担を掛けないようなツールの整備や経験を積んだ専門チームを編成して対応致します。

企画について

企画段階は編纂作業の7~8割を占めます。したがってこの段階のクオリティーが全てを決定づけます。弊社ではこの段階から営業担当・プランナーが検討会議に入り、適切なアドバイスを行う事が可能です。

原稿依頼・作成について

弊社が編集委員会の事務局となり原稿入稿のお手伝いをいたします。また、写真をはじめ様々な資料整理のお手伝いも致します。これにより担当者様の負担が大幅に軽減されます。

編集レイアウトについて

見易さ・読み易さは非常に重要な事柄です。弊社では綿密な打ち合わせの上、長年のノウハウを持った専門家が見栄えの良いレイアウトを練り上げていきます。

校正段階について

苦労して作った原稿も誤字脱字があっては台無しになってしまいます。弊社では専門の校正員により基本校正を3回行います。

製版・印刷・製本段階について

製版・印刷につきましてはハデルベルグ社製というハイエンドの機械を使用し、高品質かつスピーディーな作業を可能としております。さらに印刷機にはセンサーカメラ、製本機には落丁・乱丁防止センサーを装備し高品質管理体制を作りあげております。

その他

オプションとして電子書籍の作成も可能です。「単なるデータの電子化」ではなく、専用ソフトウェアを駆使した本格的な電子書籍が作成できます。

kinenshi.png

男.jpg

●記念誌発行の担当をする事になりましたが、何から手を付けて良いやら全く分からなくて困っています。

弊社にて作業内容や作業手順についてご提案致しますので担当者様のご負担は大きく軽減できると存じます。

●担当者は私一人だし、仕事は抱えてるし、とにかく楽チンに作りたいんですけど…。

弊社が記念誌編纂委員会の事務局的役割を致します。さらに作業分担等のご提案を致しますので担当者様のご負担を軽減できると存じます。

●膨大な資料がありまして、整理する時間も無いし、どれを使って良いやら分からなくて困っています。

資料を一度お預かりして、弊社にてそれらを取捨選択してご提案致します。

●原稿を書くのが面倒臭いので、ボイスレコーダーで録音したものを使いたいのですが…。

弊社に専門員がおりますので編集・リライトしてから原稿を作成致します。

●原稿作成にあまり時間を取られたくないのでパッパッパッと走り書きでかまいませんか?

入稿前に専門校正員がチェックしてから編集作業に入りますからご安心下さい。

●印刷物だけでなく、同時に記念式典も実施したいのですがそういう企画もやってくれますか?

専門の協力会社がございますので、式典・イベント・講演会開催等もお任せ下さい。

●出来上がった印刷物は各所に発送したいのですが、そういう事もやってくれますか?

発送先一覧等の資料を頂ければ、業務提携をしている運送業者にて発送致します。

記念誌に関するお問い合わせは

封筒をクリック!Mail.png